MENU
SNS

finca orellana オレヤナ農園を訪ねる。

オレヤナ農園

砂状の土壌に広範囲に広がるオレヤナ農園。細かく区画分けして管理を行っています。

オレヤナ農園
オレヤナ農園

ブライアンさんは大の日本好き。特にドラゴンボールが好きだそうで、私たちが訪問するときにもよくTシャツを着ています。

オレヤナ農園

家族や労働者を大切にし、健全な労働環境を維持することを怠らないブライアンさん一家。農園内では畜産も行っており労働者たちの食事に供されます。

オレヤナ農園
Bryan Orellana ブライアン・オレヤナ
AREA francisco de ojuera ホンジュラス・フランシスコデオフエラ
所有農園
  • オレヤナ農園
republic of honduras

ブライアンさんに初めて会ったのは2016年。たまたまカッピングしたサンプルの中に彼のコーヒーがあったことがきっかけでした。

国際品評会に出品する予定だったそのサンプルコーヒーは非常に品質が高く、その場で交渉して品評会に出品するそのコーヒーを譲っていただいたことが始まりです。

次の年にはカリオモンズコーヒー用にセレクトしたロットを準備して待ってくれていたブライアンさん。農園は少し離れた場所にありますが毎年欠かさずにコーヒー豆を譲ってくれています。

農園内で働く労働者のドライバーを買って出たり、いつでもお祈りができるよう農園内に小さな教会を建てたり、労働者たちが横になって安心して休めるよう寝室を準備したり、農園で働く労働者たちのためにとても手厚いフォローを行なっているブライアンさん一家。彼らの作るコーヒーは人柄がそのまま表現されているようです。

コーヒー豆の特徴

農園標高
約1,550m
生産品種
レッドカトゥアイ
処理方法
水洗式
2018年

ローストしたナッツ類の香ばしくもったりとした風味と、はっさくのようなみずみずしく淡い酸味とのバランスがとても心地よい。ミルクチョコレートや黒砂糖を思わせる甘い余韻が長く続く。

2017年

カリオモンズコーヒーのための特別ロット。シロップ漬けの黄桃やみかんを思わせる淡く酸味を伴った甘さ、むきたてのライチを連想させる弾力のある特徴的な質感、メロンのように丸みのある後味が重なり合い、複雑で満足度の高い味わいを作り出している。

2016年

白桃やアメリカンチェリーのような厚みを感じる風味に加え、ザボンを思わせる控えめで優しい酸や、ライチやランブータンのようにぷるんと弾力のある質感が特徴的。杏仁豆腐のシロップを連想させる砂糖の甘さも感じられる。

その他の農園一覧

カリオモンズコーヒーロースター