MENU
SNS
閉じる
お得なコーヒーの定期便 受付中!
受付期間2020.8.7 - 9.22

サンタアナの農園を訪問


エルサルバドルに到着して最初の農園巡りは、
エル・ミラドールとエル・タンボールのあるサンタアナ火山の中腹にある農園を中心に、
いくつかの農園を訪問しました。


3年連続でラニーニャ現象が発生していて、昨年からチェリーの熟度のバラツキが問題となっていましたが、
今回訪問した農園では思ったほどのバラツキはなく、きれいに熟したチェリーがたわわになっていました。


ちょうど収穫最中のピッカーたちに会えましたので、作業風景を撮影させていただきました。
腰に下げたカゴの中に一粒ひとつぶ手で収穫したチェリーを入れていく。
カゴにたまったチェリーは袋に詰めて、一カ所に集められる。
毎回見てて思うのですが、ピッカーの作業の速さと正確さに驚かされます。
未成熟や過熟のチェリーはなるべく摘まずに完熟の状態の物だけを収穫していく。
この速さでそれを判断しながら収穫するのは簡単なことではありません。
熟練したピッカーであることがよくわかります。


チェリーが入った袋は150ポンド(=約65kg)もあり、
この少年なんかは自分の体重よりも重い荷物を運んでいることになります。
全く、頭が上がりませんね。


それからクツカチャパの組合に行って、工場の中を見学させていただきました。
ここでは収穫したチェリーの一括した精製処理が行われていて、
生豆になったコーヒー豆は最終的に人の手によって選別を受けて出荷されます。
ネットや書籍などではよく目にする光景なのですが、実際に見るのは初めてでした。
ベルトコンベアで流れてくる生豆をひたすら手で選別していく。
気の遠くなる作業ですが、たった一杯のコーヒーのためにこれだけの人力が注がれているのです。

明日は午前中にエル・ミラドールとエル・タンボールの農園を訪問し、
午後は今日訪問した農園の豆も含めたカッピングを行います。
一年ぶりにフェルナンドさんにもお会いできるのでとても楽しみです。

さぁて、今日も一日がんばって行きましょう。

share on Facebook / Twitter

その他のお知らせ

カリオモンズコーヒーロースター