MENU
SNS
閉じる
お得なコーヒーの定期便 受付中!
受付期間2020.8.7 - 9.22

エルサルバドル2日目


エルサルバドル滞在の2日目の午前中は、昨年からお店で販売を始めた
エル・ミラドールとエル・タンボールを訪問しました。

まず訪問したエル・ミラドールではまだ収穫が全て終了しておらず、
おそらく今期最後の収穫を待つチェリーが枝をしならせていました。

この農園ではボルボン(ブルボン)種を植えているのですが、
今日聞いたところ、ボルボン種の中でもボルボンケニアという品種を栽培しているそうです。
通常のブルボンより実が大きく、果肉が厚いとのことでした。
たしかに他の農園のチェリーよりも水分が多く、瑞々しい果肉から
甘いジュースがジュワーっと出てきて美味しかったです。
こういった細かい部分にもフェルナンドさんのこだわりが出ているんでしょうね。


エル・ミラドールの特徴でもある杉の木のシェードツリーもまた、たくさんの葉を落とし、
それが素早く分解されて養分となって吸収されているようです。


エルミラドールを離れ、次はこちらもおなじみのエル・タンボールへ。
ここではすでに収穫が終わり、ちょうど今日は何も作業が行われていませんでした。


作業はなにもありませんでしたが、せっかくなので農園を案内していただきました。
紺色の帽子をかぶった渋いおじいさんが区画管理人のイスマイエルさんです。
いつも手に持ったナタが印象的なイスマイエルさん。
無口ですが、コーヒー栽培の技術力はコーヒーを飲めばわかります。


午後からはクツカチャパ農協に戻り、買い付けるロットを含めたカッピンググセッション。
公平に評価できるようにいつもこのようにブラインド(農園名を伏せた状態)で行うのですが、
エル・ミラドール、エル・タンボールともにDr.カップメンバー全員がベスト3にいれるほど、
素晴らしいカップクオリティでしたよ!
皆さんに提供できるのがとても待ち遠しいです。

また、昨日訪問した農園の豆も、今日はカッピングできなかったのですが、
サンプルを送っていただけるということで、こちらも点数が高かったら購入するかもしれません。

夜はミラドールのフェルナンドさんのご自宅へディナーへ招待していただきました。
毎年のことながら、奥様の作る料理のボリュームの凄さ!
もちろん美味しくいただきました。

ミラドールのコーヒー豆も、直接本人に渡せましたし、
大満足のエルサルバドル訪問でした。

今回のエルサルバドル訪問は短いですが今日で終わりです。
明日はニカラグアへの移動日となります。
朝がとても早いので今日はおとなしく寝ることにしますね。

share on Facebook / Twitter

その他のお知らせ

カリオモンズコーヒーロースター