MENU
SNS
閉じる
お得なコーヒーの定期便 受付中!
受付期間2020.8.7 - 9.22

エル・ポルベニール

ニカラグアに到着して最初の訪問先は、
現在工房でも販売中のセルジオさんのエル・ポルベニール農園に行ってきました。

エルサルバドルの農園で生えている花や果物を手当たり次第味見していたせいか、
前日の移動日からお腹を壊し朝からボロボロでしたが気持ちで行ってきました。


農園に行く途中では、やはりこっち特有の景色が。

一年ぶりに農園に到着し、まず気づいたのが気候の変化。
昨日雨が降ったそうで、蒸し暑い空気に包まれていました。
通常ならとっくに乾期に入っているそうですが、
温暖化と異常気象のせいで最近では逆転しているそうです。


それでも農園に植えられている木の元気なこと!
ツヤツヤとハリのいい葉が次々と生えてきていて、
農園全体としてとても勢いのある雰囲気でした。


ちょうど収穫が終わったばかりだそうですが、木にはすでに新しいつぼみが。
これも異常気象のせいで木のリズムが変わってしまっているのでしょうね。


コーヒーに対してとてもストイックで勉強家なセルジオさん。
問題のある部分は、どこが問題でどう対処すべきかをしっかりと把握していました。
常に木に最良の状態を保つことは容易ではありませんが、
木の状態を見る限り、それを保ち続けているのでしょう。
セルジオさんの情熱に木もしっかりと応えているようでした。


今回は新しい品種ジャバニカ(バハ)を植え始めているエリアも案内してもらいましたが、
柵の足下に置かれた石柱を見てびっくり。
なんとこの先は隣国ホンジュラス。
国境ぎりぎりまでコーヒーが植えられていました。
島国の日本ではまず見かけない表示ですね。

一通り農園をまわった後は、セルジオさんのオフィスに戻り、
今年買い付けるロットのカッピング。
現在販売中のコーヒーも素晴らしい出来でしたが、
今年もクロップもまた負けず劣らずの素晴らしいカップクオリティでした。
早くみなさんに飲ませたいとウズウズしてきます。


とても気さくで明るいセルジオさん。
素晴らしい生産者に出会えたことをとても嬉しく思います。
これからも長くお付き合いをしていきたいと思っています。

↑お腹の調子が悪いので少々疲れ気味の店主。

share on Facebook / Twitter

その他のお知らせ

カリオモンズコーヒーロースター