MENU
SNS

焙煎についておもうこと

毎日工房では焙煎を行うわけですが、
実は毎回同じ焙煎をやっているわけではありません。

その日の天気や気温、湿度、豆の具合によって微妙に焙煎に変化が出てくるんですが、
もうひとつ、カリオモンズではわざと焙煎のやり方を変えています。

焙煎時間の中で一か所だけ、故意に火力や時間を変えて焙煎し、
その後のカッピングで、カップにどのように変化が出たのかを調べます。

頭の中で温度変化と焙煎の進み方を四六時中考えているわけなんですが、
時々話を聞いてないと叱られるわけですね。
なにごともメリハリが大事です。はは。

ここの火力を絞ったら今よりもクリーンカップが出るんじゃないか、
とか、
この部分の時間を短くしたら過度の温度上昇を抑えられるんじゃないか、
そしたら今よりフレーバーが発達するんじゃないか、
とか。

そりゃ失敗もします。

それが勉強だと思ってます。

失敗は成功するまで続ければ失敗ではありません。

終わりの無い焙煎の世界にどっぷり浸かってるわけですが、
一番のアドバイスはお客さん自身の声です。

今回の豆は前回のよりも味の透明度が高かった、
とか、
今回のは冷めたら美味しくなかったよ、
とか、
貴重な意見をくれる方々がたくさんいるので
僕もすごく助かってます。

是非、カリオモンズのコーヒーを飲んだときは
率直な意見を聞かせてくださいね。

どうして僕が焙煎にこだわるかというと、
コーヒー豆の味を生かすも殺すもロースターの腕次第だからです。

カリオモンズでは、
【「生産者」と「消費者」をつなぐコーヒー作り】
をモットーにしています。

丹精込めてコーヒーを育てた生産者に敬意を払い、
失礼の無いように100%の味を引き出す焙煎をやる。
これが僕の焙煎に対するスタンスです。

終わりの無い世界なので、
おそらく一生満足のいく焙煎はできませんが、
納得のいく焙煎は毎日やってるので安心してくださいね。

毎日、その日のベストを尽くしますが、
今日のベストは明日のベストではありません。

一日一日進化していくカリオモンズのコーヒーを
楽しみにしててくださいね。

だらだらと長くなりましたが、
要は工房にストーブを置きましたって話です!

寒くなってきたので、体調には気をつけてお過ごしくださいね!!

share on Facebook / Twitter

その他のお知らせ

カリオモンズコーヒーロースター