MENU
SNS
閉じる
お得なコーヒーの定期便 受付中!
受付期間2020.8.7 - 9.22

エル・ポルベニール

今日からしばらく中米で訪問してきた
農園のことを書きたいと思います。

ニカラグアに到着して次の日。
さっそく農園訪問が始まりました。

この日の訪問先はエル・ポルベニール農園。
農園主はこの人、セルジオさんです。
一歳になったばかりの息子さんと。

セルジオさんの案内でエル・ポルベニールを訪問してきましたが、
コーヒー栽培に対する思いや、新しい取り組み、
そして僕たちロースターに求めることなど、
初日からたくさんの収穫を得ることができました。

シェイドツリーと呼ばれる日陰を作りだすための樹木の根元で
すくすくと成長しているコーヒーの木。

コーヒーを発芽させるための苗床。
この段階からより強い芽を選別する作業が始まっています。

発芽したばかりのコーヒー。
ぴょこんと起き上がった豆がとてもかわいいです。

わかりますか?
手前のコーヒーの木、病気で色が薄くなっています。
こうなった木はかわいそうですが抜き取って、
他の木に感染しないように
木が生えていた付近の土壌を消毒します。


乾燥場の様子。
殻に入ったコーヒー豆を乾燥させるためのベッド(アフリカンベッド)です。
地面で乾燥させる方法に比べ、乾燥中の雑菌や虫の被害が少なく済みます。

まだまだだくさん紹介したい写真があるのですが、
あまり長くなりすぎるといけないのでこのへんでやめておきます。
工房では沢山の写真を見れるようにする予定ですので、
楽しみにしててくださいね。


農園の看板前にてセルジオと。
とてもコーヒーに熱く、素敵な人です。

share on Facebook / Twitter

その他のお知らせ

カリオモンズコーヒーロースター