MENU
SNS
閉じる
8th is a special day
毎月8日は10%増量Day!

抽出温度について

コーヒー抽出をより楽しむために導入したいのが温度計。

気軽に導入できるツールでありながら、抽出の幅がぐっと広がるのでおすすめです。
「計る」ことの大切さを改めて実感すると思います。ondo

基本のレシピでは、90〜95℃程度を想定しています。
ヤカンやケトルで沸騰させたお湯を別のポットに移すとこのくらいになります。
これは比較的高い温度。香りや味わいをしっかりと抽出させる温度帯です。
抽出効率も高いので少ない粉量でしっかりと味を引き出すことができます。

ちょっと酸っぱいな、味が強いな、バランスが悪いなと思ったら、85℃くらいにすこし温度を下げてみてください。
酸味を抑え、甘さを引き出し、味わいのバランスを整えてくれる温度帯です。
抽出効率が下がるので、1杯に対し1g程度、粉を多めに使うと良いでしょう。コーヒー豆によっても変化があります。

浅煎りや標高の高い場所で生産されたコーヒー豆は硬いので、湯温を高くしっかり個性を抽出します。

深煎りや標高の低い場所で生産されたコーヒー豆はやわらかいので、湯温を低くして過抽出を抑えます。

などなど、カリオモンズでコーヒーをご購入の際には、スタッフにお気軽にお尋ねくださいね。

 

share on Facebook / Twitter

その他のお知らせ

カリオモンズコーヒーロースター